株価指標を用いて株の取引をするときの注意

3月 19, 2013 by

株価指標を用いれば、株の取引は非常に簡単に行う事ができるでしょう。スクリーニングによって、割安な銘柄を見つけたり、あるいは業績の良い銘柄を見つけるという事ができるのです。これを考えれば、株価指標は非常に便利なのですが、株価指標を用いるときには、単にその数値だけを負うようになってはいけないでしょう。株価指標は参考にする程度に用いるのが良いでしょう。例えば、純資産倍率は下支え要因としてよく用いられるでしょう。例えば、純資産倍率が0.8倍と言うと、かなり割安だといえるのではないでしょうか。そう感じる人も多いと思います。ですから、割安銘柄を探すために純資産倍率を使うのも効果的な方法だと考えられます。
しかしながら、純資産倍率が1倍をきっていれば必ず割安なのかと言うと、そうではないのです。例えば、純資産倍率が1倍未満のまま推移するという事も考えられます。そして、その次の決算で業績が悪ければ純資産の金額が減少し、それによって純資産倍率が上昇するという事も考えられないことではないでしょう。純資産倍率の計算には、通常は直近の決算の数字を持ちいます。ですから、その数字は過去のものだと言えるのです。予想数値を使うということも考えられないことではありませんが、基本的には過去の数値を用いる事が多いと言えるでしょう。ですから、純資産倍率が低いときには、何らかの理由があって株が売り叩かれているという事も考えられます。そのときには、割安であるとは考えにくいのです。

read more

Related Posts

Tags

Share This

株式の取引に利用する株価指標

2月 19, 2013 by

株式の取引をするためには、その株の価格の変動を予想するという事が必要になってきます。株価が上昇するのであれば、その株を買えば良いでしょう。突き詰めればそうなのですが、それが簡単にはわからないのが現実なのです。短期的な要因を正確に分析するのは難しいですが、長期的には業績の良い企業の株が買われるという傾向があります。ですから、業績が良くても、意味もなく売られているものもあります。業績が悪くなれば売られるのも分かりますが、そうではないものの場合には、売られればいずれは買われることになります。このような事を判断するのは非常に難しい事ですが、株価指標を用いればある程度は判断できるでしょう。
株価指標とは、株の価格を色々なものによって分析するための指標だと言えるでしょう。例えば、株価収益率や純資産倍率は色々なところで用いられていますが、これらはそれぞれ企業の純利益と純資産に対する株価の比率を示したものであると言えるでしょう。ですから、純利益に対してどれくらいの株価がつけられているのか、あるいは純資産に対してどれくらいの株価がつけられているのかを、数字だけで判断する事ができるようになっているのです。非常に簡単に比較できますから、株式の取引をするときにはよく用いられるものだと言えるでしょう。株の分析をするためには必須なものだと言えるでしょう。これをうまく活用して行く事によって、様々な分析を行う事ができるでしょう。

read more

Related Posts

Tags

Share This

株式の取引と株主の権利について

1月 19, 2013 by

株式の取引をするときには、その利益は売買によって得られる先である場合が多いでしょう。ですから、重要なのは価格の推移だと考える人も多いでしょう。買った株の価格が上昇する事が重要だと考える人も多いでしょう。あるいは、空売りした株の価格が下落するのが重要だと考える人も多いと思います。しかしながら、株式と言うものがなぜあるのかという事も知っておく必要はあるでしょう。株とは、株主になるためにあるものなのです。株主になる事にはどのような意味があるのかという事も考えておく必要はあるのです。
株主になる事によって得られる利益には色々なものがあります。まず、株主になるということは、株式会社を所有する事だと考えておくべきでしょう。例えば、ある会社の株式を全て所有すれば、その会社を思い通りに動かすだけの権利はあります。これが株主と言うことなのです。一部を所有すれば、それだけ分の決定権を得られると言えるでしょう。具体的には、株主総会で票を投じる権利があるのです。これが株主の権利の一つなのです。株式会社は株主のものですから、その利益も株主のものだと言えるでしょう。ですから、純利益の一部を株主は受け取る事ができるのです。これが配当金と呼ばれるものです。長期で投資をするときには、配当金は非常に重要なものでしょう。長期の投資での利益の多くが配当金が占めるという事もあるのです。利益を分派おする事の一つの形態が株主優待だと言えるでしょう。

read more

Related Posts

Tags

Share This

育児しながらの株式の取引のスタイル

12月 19, 2012 by

私は株式の取引を始めて、約1年ちょっと経ちます。インターネットで取引をして、手数料をかなり安くおさえてます。最初はスイングという数週間単位で決済するトレードにハマっていました。月5000円程度の利益が目標でやっていて、損切りすることもありましたが、大体目標は達成できてました。上の娘が1歳くらいで、保育園も満杯で仕事も見つけられず、もどかしい毎日だったので、とてもいい刺激になりました。経済のニュースに敏感になりましたし、色んな会社のことを興味をもって調べて、とてもいい勉強になりました。日経新聞も楽しく読んでいました。
しかし、その後、二人目を妊娠して、ツワリに苦しみ、とてもトレードできる体調ではなかったので、持っている株を絞り込んで、長期保有のものにしてます。今は、長期保有で株主優待と配当金を楽しみにしているスタイルです。スイングでもそれなりに利益を上げているつもりだったんですが、長期保有の今のほうが利益がぐんと伸びています。含み損の時も長いですが、利益確定の幅をぐっと伸ばすことができているおかげかなと思います。また、取引回数がすごく少ないので、無駄な手数料もかかっていません。
育児環境によってトレードのスタイルは臨機応変に切り替えていますが、株式の取引そのものの面白さに目覚めてしまったので、やめるつもりはありません。サプライズプレゼント用に届く、株主優待がとてもうれしく、これはやめられないって感じです。

read more

Related Posts

Tags

Share This

初めての株式の取引と現在

11月 19, 2012 by

私は20年ほど前からいわゆるバブルがはじける直前くらいから、株式の取引をしてきました。最初のきっかけは仕事で接客をしていて、仲の良くなったお客さんに、株の得意の人がいてその人に勧められたのがきっかけです。ですからど素人で始めたわけですが、当時はまだ、パソコンや携帯などは普及していなくて、取引は証券会社の係員との電話でした。面倒くさかったのは、支払いのたびに証券会社を訪れなければならなかったことです。また、私が選んでいた会社は、執に合併したりして名前が変わっていったので、少し遠ざかっていたら、違う会社になっていたようでとまどったこともありました。また情報を得るのも、テレビや新聞、証券マンくらいしかなく、努力型でない私は、初めのうちはさまざまな情報に翻弄され
てしまいました。ですから当然利益など上げることはできず、損失が増えていってしまいました。それではまずいと思った私は、先に述べたお客さんに指導を仰ぎました。そうして取引のこつとしていくつかのことを教えられたのです。それは、新聞などで推奨しているのは既に終わっていると思うこと、値動きが激しい株には手をださない。大型株で利益が上がっている株を選ぶ。自分である程度調べ上げることなどです。今から思えば当たり前のようなことばかりですが熱くなっていた私には、神の声のように感じました。そうして20年あまりたち、現在の取引はパソコンや携帯で簡単にでき、ずいぶん変わりましたが、あの時のお客さんに言われたことを基本に、のんびりと取引を続けています。

read more

Related Posts

Tags

Share This

株を買っていろいろな商品をもらおう

9月 9, 2012 by

株を買う第一の目的は、値上がり時にその株を売却することで利益を得ることです。次に、配当金を得ることです。たくさん株に投資をしている人の中には、株の配当金だけで生活をしている人もいるそうですね。ですが、株にはもうひとつ面白い魅力があります。毎年決められた時期に株主であると、株主優待として色々な優待がもらえるのです。なぜこのようなことをするのかというと、企業としても、今株主でいてくれている人に、ずっと株主のままでいてほしいのです。株価や、経済ニュースに影響されて、株を売ってしまう人が多くならないように、サービスをつけて魅力的な株にしているのですね。もらえる商品には様々なものがあります。食品会社でしたら、自社工場で作っている食品が多いです。外食チェーンらば、大抵は店舗で使用可能な商品券が贈られてきます。商社など、自社で作る商品がない、もしくは直接消費者に還元できるものではない場合は、お米など、会社とは関係のない商品を送ってくれる会社もあります。

read more

Related Posts

Tags

Share This

これからあがる株の商品は

8月 9, 2012 by

あるとき突然電話がかかってきていくつか質問されたのです。株についてのアンケートを無造作に取っているとのことで気軽にこたえて欲しいと言われたので数点のアンケートに口頭で答えました。そして株の商品をいくつか教えてくれてこれからはじめるならこれを買ってくださいね。と言って話は終わりました。特に何も気に留めなかったのですが数週間たったある日にテレビのニュースでその株の商品が高騰しているとのことを知りました。あの時電話で言われたとおりにしていれば今頃は儲けていたのかもしれませんね。だいたい電話でなんてうさんくさいと思ったのですが何かを売るわけではなかったのでちゃんと話を聞いて買っていればよかったと思いました。ないとおもいますがこれからまたそのようなことがあれば乗りたいと思います。その前に株を覚えておきたいと思います。子育てにも余裕ができてきたので何かを始めるにはいまがチャンスだと思っています。株で儲けれたら理想ですね。

read more

Related Posts

Tags

Share This